the creation of three-dimensional urban space
about us
Manufacturing studio of Shimonoseki

下関のモノづくり工房。

モノづくりのすべてがここには有ります。

オカダ工房はSP(セールスプロモーション)企業です。
「広告宣伝をする企業」と「消費者」を繋ぐモノづくり工房なのです。
しかし、オカダ工房は「人」づくりをしています。
なぜなら、「広告宣伝をする企業」を構成するのも「消費者」もそれぞれは人。
人の関与なしでSPを語ることはできないからです。
「人」づくりに尽力している企業だからこそ、
そこに生きる、感情を持った人間が創るものだからこそ、
人の心に触れるSP(セールスプロモーション)が完成するのだと
オカダ工房は信じています。

そして、それが本当のモノづくりだと
信じています。

Figure of the Okada Kobo

考え、動き、笑う、
それがオカダ工房です。

重い責任を伴う[SP]という仕事だからこそ、
物事に真正面から向き合います。

The history of the company

先代、岡田平次と
オカダ工房のはじまり。

時代に乗った感性を磨き、何事にも好奇心を高め、
無限の成果を熱意で燃やせ。

自分の足で一歩踏み出すことが夢だった。
幼い時から機械と絵画が好きで、スケールの大きな劇画にも憧れ、
その技に嘆息した少年時代。
美術を学ぶなどは庶民には高嶺の花で投光機も無かった時代、
18歳の若さと度胸で、師を仰ぐこともなく、
我流で器用さだけの筆運びでスターの似顔絵に挑戦した。
デパートの宣伝部時代には、手本を参考に見様見真似、
手探りの厳しい特訓を重ねた。将来の人生を掛け、
プロとしての大きな展望を胸に、夜も寝ずの努力の日々が続いた。
三十三歳、夢は自分の足で一歩踏み出すこと。妻に励まされ二人三脚。
わずか10坪が会社の始まりだった。

「Presence Maker Design Office」製作によるオカダ工房50周年記念DVDより抜粋

Heiji Okada
Heiji Okada

The history of company

  • 1934年 〈昭和9年〉
    岡田平次 満州奉天住吉にて誕生
  • 1945年 〈昭和20年〉
    長門市大津郡深川町に引揚げ
  • 1952年 〈昭和27年〉
    常設劇場・映写技士となる
  • 1954年 〈昭和29年〉
    下関大丸宣伝部勤務、デパート装飾に従事
  • 1957年 〈昭和32年〉
    中部銀次郎氏結婚披露宴で「三本松」を描く
  • 1967年 〈昭和42年〉
    有限会社オカダ工房設立(建坪10坪)
  • 1969年 〈昭和44年〉
    DM業務 作業開始
  • 1977年 〈昭和52年〉
    社屋増改築(建坪50坪)
  • 1992年 〈平成4年〉
    一の宮学園町へ新築移転
  • 1997年 〈平成9年〉
    マッキントッシュ導入
  • 1998年 〈平成10年〉
    カッティングマシーン導入
  • 2000年 〈平成12年〉
    ヨーロッパ万国博視察(ドイツ、イギリス)
  • 2001年 〈平成13年〉
    14回技能グランプリ
  • 2003年 〈平成15年〉
    インクジェット機+ラミネーター機導入(1台目)
  • 2005年 〈平成17年〉
    元司氏社長就任、平次氏会長就任
  • 2005年 〈平成17年〉
    日本ディスプレイデザイン賞入選
  • 2007年 〈平成19年〉
    インクジェット機導入(2台目)
  • 2008年 〈平成20年〉
    私の創造の世界「振り返れば50年」開催
  • 2012年 〈平成24年〉
    インクジェット機導入(3台目)
  • 2015年 〈平成27年〉
    創業50周年
  • 2016年 〈平成28年〉
    ウェブサイトUP
works
Advertising media sales promotion synthesis

広告メディア
セールスプロモーション総合

sign / signboard

サイン・看板

サイン・看板は企業の顔であり、様々な方に存在を認識させるための重要なコミュニケーションツールです。
看板の役割にはその目的により「表示」「告知」「案内」「誘導」などがあります。しかし、ただ目立つだけのものではその役割も機能しません。
看板としての役割を果たすと同時に、様々な条件を把握し、目的に沿った最大限の魅力を伝え、
確実に存在を認知させるための「広告」の役目を担うことが最も重要です。伝えたい情報を発信しターゲットに受信させるため、
その目的・魅力を最適なカタチで表現した看板デザインを企画・制作から施工まで一貫してサポートいたします。

屋外看板(エクステリアサイン)

屋外広告は周辺環境・立地など多くの要素を考慮し、
設置しなければなりません。
ターゲットのニーズを考慮し、お客様に最適な
企画・デザイン・設置場所・位置・大きさなど、
私たちの経験と実績に基づき
ご提案いたします。

屋上広告塔 ポールサイン 立て看板 バナー LEDチャンネルサイン 立体切文字サイン 壁面サイン カッティングシート A型サイン 内照式スタンドサイン 垂れ幕 のぼり R型サイン テント ウィンドウサイン 袖看板 自立サイン

屋内看板(インテリアサイン)

店舗や商業施設・オフィスビルなど、あらゆる場所で利用者をスムーズに
誘導するために必要となってくるのが屋内サイン。
幅広いシーンでの需要があるからこそ、
より的確に情報を伝えるために最適化された
屋内サインをご提案いたします。

欄間・ファサードサイン ブランドサイン ピクトサイン 壁面サイン フロアグラフィックス フロア案内・誘導サイン ウィンドウサイン

看板・サインはメンテナンスリニューアルが必要です。色あせ、文字や塗装の剥離、錆つきなどを放置したままだと店舗や企業の美観を損ねるだけでなくイメージダウンにもつながります。また落下や強風に飛ばされたりと、事故にもつながる危険性も生じます。弊社では、既存の看板のメンテナンス・リフォームもお承りしておりますので、ぜひご相談ください。

The event
construction

イベント設営

イベント・セレモニー

開催の目的・テーマ・ターゲットのニーズにあった、印象に残る空間に造り上げます。
構成・企画・デザイン、当日の設営・パネル制作まで全面的にサポート。小さなPOPから大型サインに至るまで必要なものは全てお任せ下さい。

  • イベント会場
  • 展示会
  • 講演会
  • シンポジウム
  • 式典
  • 見本市
  • コンベンション
  • ステージ など

Display

ディスプレイ

ディスプレイ装飾

そのものの価値を装飾という手段で最大限に引き出し、
人々の印象に残るディスプレイをご提案させていただきます。
他との差別化を図りたい、変化のある素材・部材で、
ディスプレイを創りたいなどのご希望もサポートいたします。
また、展示会や、店舗内の商品陳列などに使用する什器も承ります。
様々な用途や、シチュエーションに合わせた素材で、
商品訴求を行うことのできる什器を製作いたします。

  • 店舗
  • 店内装飾
  • ウィンドウ装飾
  • 造形制作
  • 販促ディスプレイ
  • 展示模型
  • ケース展示 など

サイン関係ももちろんですが、
店舗内の空間(内外装)もディスプレイもプロモーション
のひとつです。サイン関係はもちろんのこと、開業前、開業中の
リニューアルの内外装工事も承ります。

Direct mail

ダイレクトメール配送

セールスプロモーションをよりダイレクトに消費者の方々に訴求するため、迅速で確実なDM発送業務も承ります。配送前の封入作業からもお受けできます。

Production

ツール製作

展示会、様々なイベントで必要なグッズ類も含めた
御提案が可能です。セールスプロモーションのワンストップサービスが行えるのが、オカダ工房の特徴です。

Work flow

お問い合せ 1 初回お打合せ 2 お見積り提出 3 受注・お打合せ 4 デザイン作成・提出 5 デザイン決定 6 製作・施工 7 納 品 8

contact

お見積りのご依頼は、
下記メールフォームをご利用ください。
〈会社名・名前・電話番号・メールアドレス・詳細〉をご記入ください。

お電話・メールでのお問い合わせ
TEL
083-256-3575
MAIL
mo@okadakobo.com
company

Company profile of the Okada Kobo

  • 称号:有限会社 オカダ工房
  • 代表取締役:岡田 元司
  • 設立:昭和42年4月1日
  • 資本金:3,000,000円
  • 所在地:〒751-0807 山口県下関市一の宮学園町17-4
  • 主要取引先:山口県・下関市・一般財団法人山口県国際総合センター・下関市立豊北歴史民俗資料館・西日本旅客鉄道株式会社 下関地域鉄道部・株式会社ジェイアール西日本コミュニケーションズ・株式会社下関大丸・下関商業開発株式会社・JA下関 下関農業協同組合・下関フィッシャーマンズワーフ株式会社・株式会社コミュニティエフエム下関・株式会社ritaya design・株式会社BBDO J WEST・株式会社レノファ山口
  • 登録番号:山口県屋外広告業届出済証番号 第239号
    下関市屋外広告業登録番号 下都屋業 第H22-71号

Representative greetings

弊社は創業から一貫して、自然体を心がけています。モノづくりに最も大切な「人」づくりに注視しているからです。環境が、気張り過ぎない自然体であれば、人は、心からの誠意が溢れ、その先に向上心や探究心といったこの仕事に直結する想像力にも良い影響を与え、行動力を伴い、様々な分野や局面であっても真摯に物事に向き合い、お客様の気持に応えることのできる人間になれるのだという理由からです。そういった人々で構成する社内は活発に活き活きと進んでいくことができ、伝達、確認を徹底して行え、一貫したセールスプロモーションを実現することができます。これまでは、たくさんの方々に支えられ、ここ山口県下関市で長きに渡り、事業を進めることができました。これからも、皆様からの信頼や期待に応えるべく、常に新しい情報を掴み、弊社に出来うる最大限の技術を構築しチカラにしていくことを誓って邁進して参ります。

代表取締役 岡田元司

Motoji Okada

access
有限会社 オカダ工房
blog